スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- |

ホウレイ線
今日はナレーター研修でした。
前より大分やわらかくなって順調です。
まだまだ課題はいっぱいあるから頑張らないとね!
知り合いが今日やっとナレーター登録させてもらえたのを目の当たりにして、このみんもがむばろうと思いました。

さて、なんとなくコラムってみます。
今回のテーマはホウレイ線。

このみんは昔からよく年上に見られます。
ひどい時は落ち着いているから20代後半と言われたり。
これはまず、骨格の問題です。
このみんは外人顔寄りだからでふ。
外人さんって目鼻立ちはっきりしてるから見た目より年上に見えますよね。
このみんは純日本人ですが、今は亡き祖父が青い目をしてたからもしかしたら若干外人入ってるかもです。

んで話を戻しますが、
このみんは前述の問題上、若いのにたまにホウレイ線が出ます。
実は若者のホウレイ線の原因はたるみです。
笑う筋肉を使わないとそうなります。
なので、昔はネガティブで笑えなかったので今よりホウレイ線が出ていました。
当時皮膚科に行って、ヒアルロン酸注射を本気で考えてましたが、
「ヒアルロン酸はババアになってからやりなさい、あなたはもっと笑いなさい」と一蹴されますたわ。

んで笑う練習、つまり、幸せを見つけるように考えを変えたりしたらたるみが前よりましになったとさ。

しかーし、最近左側にくっきりと。
皮膚科に行ってみましたら
「あなた最近あまり左でもの噛まないでしよ。だからたるんでるのよ」

ぎくぎくうっ、
矯正で噛み合わせが変わって噛めないので右でばかり噛んでたらそれだけでもたるむんですね。

もし週末の鈴鹿最終戦や撮影会に参加される方は
このみんの左側のホウレイ線はスルーして下さい。

ちなみにここの皮膚科の先生、ナイスな先生で喋り方がピーコさんそっくりな毒舌先生なのです。
冷え性の漢方薬をもらったりとかなりお世話になってます。
スポンサーサイト
2007.10.17 | C:1

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。